加齢臭がいくつからにおい始めるのかは、残念ながら断言できません。
というのも、個人差があるからです。

加齢臭がする人もいれば、しない人もいます。
また、生活習慣等でも違いがあるようです。

その点を踏まえた上で、加齢臭がにおい始める年齢は、一般的には「40代」と言われています。
そして、「50代半ば以降から本格化する」とされています。
ただ、中には20代や30代でも加齢臭がにおい始める方もいらっしゃいます。

加齢臭の原因は「ノネナール」というニオイ物質で、皮脂の酸化によって発生します。
年を取るほど脂っぽくなるのは、ご承知の通りです。
つまり、年を取るほど加齢臭が発生しやすい環境が整ってしまう、ということです。
そして若年層で加齢臭が発生してしまう原因は、皮脂の分泌量が多めだからだと考えられます。